Go to Contents Go to Navigation

革新系野党2党が共同交渉団体結成 国会第4勢力に=韓国

記事一覧 2018.04.02 11:31

【ソウル聯合ニュース】韓国の野党「民主平和党」(14議席)と「正義党」(6議席)は2日、国会に共同交渉団体(20議席以上)「平和と正義の議員の会」の結成を届け出た。

正義党の魯会燦(ノ・フェチャン)院内代表=(聯合ニュース)

 国会は与党「共に民主党」と野党「自由韓国党」「正しい未来党」の三つの交渉団体体制から4団体体制になる。保守系の自由韓国党と正しい未来党が革新系の共に民主党を圧迫する形勢だったが、革新系とされる民主平和党と正義党による共同交渉団体が加わることになり、国会の構図は革新系と保守系の2対2となった。

 民主平和党と正義党は独自の政党活動を行う一方、共同交渉団体として国会運営への対応や八つの政策連携課題の実現に取り組む方針だ。政策連携課題は朝鮮半島の平和実現や改憲・選挙制度改革のほか、検察・国家情報院を含む権力機関の改革など。

 共同交渉団体の運営期間は現国会議員の任期満了(2020年5月末)までとした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。