Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自動車 3月販売が増加=新モデルなど好調

記事一覧 2018.04.02 17:34

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は2日、国内と海外を合わせた3月の販売台数が前年同月比1.6%増の39万7041台だったと発表した。

現代が2月に発売した新型「サンタフェ」=(聯合ニュース)

 国内販売台数は6.0%増の6万7577台、海外販売台数は0.8%増の32万9464台で、いずれも増加した。

 国内で最も多く売れたモデルはスポーツタイプ多目的車(SUV)の「サンタフェ」 だった。2月に発売した新モデルと旧モデルを合わせ1万3076台を販売した。

 現代の関係者は「新車効果が長く維持されるよう努力し、主力車種を中心に販促活動も強化していく」と話している。

 現代の子会社、起亜自動車の3月の販売台数は24万2274台で前年同月比3.4%増加した。国内販売台数は1.9%増の4万8540台、輸出は3.7%増の19万3734台だった。

 国内では2月末に売り出した「K3」の新モデルやフェイスリフトを行った「K5」などが好評を得ている。海外では小型車の新型「プライド」と「モーニング」の販売台数が増えた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。