Go to Contents Go to Navigation

朝鮮を愛した浅川兄弟しのぶ ソウルで韓日合同追悼式

記事一覧 2018.04.02 20:46

【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代に朝鮮民芸や陶芸を研究し、朝鮮半島の緑化に尽力した日本人、浅川巧(1891~1931年)とその兄・伯教(1884~1964年)の韓日合同追悼式が2日、ソウルの公共墓地、忘憂里公園墓地で執り行われた。韓国市民団体「浅川兄弟顕彰会」が伝えた。

浅川巧の墓前で行われた追悼式の様子(浅川兄弟顕彰会提供)=2日、ソウル(聯合ニュース)

 浅川伯教は1913年に京城(現ソウル)の小学校の美術教師として赴任。朝鮮の陶磁器に心酔し、全土を踏査し陶磁器の歴史をまとめた。1946年に日本に帰国する際に寄贈した陶磁器と工芸品約3500点は、国立中央博物館に収められている。

 浅川巧は兄の勧めで朝鮮に渡り、朝鮮総督府の林業技師として朝鮮半島の緑化に献身するかたわら、朝鮮の文化に愛情を注いだ。急性肺炎で亡くなると、「朝鮮式の葬儀で朝鮮に埋めてほしい」という遺言により、京畿道・楊州に埋葬され、その後、現在の地に移された。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。