Go to Contents Go to Navigation

訪朝の韓国テコンドー演武団 平壌市内見物

記事一覧 2018.04.03 16:49

【平壌、ソウル聯合ニュース】公演のため北朝鮮を訪問している韓国のテコンドー演武団は3日、平壌市内のテコンドー聖地館や万景台学生少年宮殿を訪れた。

テコンドー聖地館を訪れた韓国テコンドー演武団(写真共同取材団)=3日、平壌(聯合ニュース)

 テコンドー演武団は1日と2日、平壌で公演を行った。

 南北ともに国技のテコンドーは分断後の約70年間、韓国主導の世界テコンドー連盟(WT)と北朝鮮主導の国際テコンドー連盟(ITF)に分かれてそれぞれ独自に発展してきた。

 テコンドー聖地館には金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とテコンドー選手らの記念写真や、かつて韓国のテコンドー演武団が訪朝した際の写真も展示されていた。

 万景台学生少年宮殿は青少年の教育機関で、案内を務めた廉允学(リョム・ユンハク)総長は「一日5000人の学生が訪れ、約200の小グループがある」と紹介。テコンドーグループの学生による公演も披露された。

 一方、韓国芸術団やテコンドー演武団が宿泊している高麗ホテルは440の客室やプール、スクリーンゴルフ場、カラオケルームなどが設けられている。44階のレストランでは平壌市内全体を眺望できる。夜の平壌市内の高層ビルは「不夜城」で、信号灯なども正常に稼働していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。