Go to Contents Go to Navigation

[韓流]全州国際映画祭が5月3日開幕 246作品上映

記事一覧 2018.04.03 17:11

【全州聯合ニュース】第19回全州国際映画祭が5月3~12日に韓国南西部の全羅北道・全州で開催される。組織委員会が3日、全州デジタル独立映画館で記者会見を開き、上映作品などを発表した。今年は46カ国の246作品(長編202作品、短編44作品)が上映される。

記者会見を行う全州国際映画祭組織委の関係者=3日、全州(聯合ニュース)

 オープニング作品は在日コリアン3世の鄭義信(チョン・ウィシン)監督の「焼肉ドラゴン」。1970年の日本を舞台に、関西の地方都市の一角で焼肉店を営む一家の日常を通じて在日コリアンの哀歓を描いた。

 クロージング作品はウェス・アンダーソン監督のアニメーション映画「犬ヶ島」が選ばれた。同作品の舞台も日本で、主人公の少年がごみの島に送られてしまった飼い犬を探す旅を描いた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。