Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者支援施設がソウルで絵画展 映画上映会も

記事一覧 2018.04.03 19:02

【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の福祉施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)が7日から13日まで、ソウル市城東区の庁舎で「性奴隷の被害者」をテーマに絵画展と映画上映会を開催する。

絵画展・映画上映会のポスター(ナヌムの家提供)=(聯合ニュース)

 絵画展「少女たちの記憶」ではナムヌの家で暮らす被害者が余暇活動で描いた絵や、心の痛みを治療の一環で描いた絵が約20点展示される。

 また慰安婦被害者の李玉善(イ・オクソン)さんの人生を描いたイ・スンヒョン監督の映画「回り道」(原題)の上映会が、6日午後7時と7日午後3時に行われる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。