Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子のテレビ生産台数 8年ぶり4千万台割り込む

記事一覧 2018.04.03 19:40

【ソウル聯合ニュース】テレビの販売台数で世界トップを12年間走っているサムスン電子の年間テレビ生産台数が昨年、8年ぶりに4000万台を割り込んだことが3日、分かった。

米国の家電売り場に並ぶサムスン電子のテレビ(資料写真)=(聯合ニュース)

 業界によると、サムスン電子が昨年生産したテレビは3945万台で、前年比16.8%減少した。サムスン電子の年間テレビ生産台数が4000万台を割り込んだのは2009年の3754万台以来、8年ぶり。

 同社のテレビ生産台数は14年の5506万台がピークで、15年には4582万台、16年には4742万台だった。

 同社の関係者は「中国企業との競争を避け、超大型テレビを中心に事業を再編して生産台数が減少した」と説明。英調査会社のIHSマークイットの調査では昨年の出荷台数は4300万台であり、4000万台以上を維持していると話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。