Go to Contents Go to Navigation

南北実務会談 北朝鮮要請で5日に延期

記事一覧 2018.04.03 22:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は3日、南北首脳会談の儀典や警護、報道対応などを話し合うため、4日に開く予定だった南北実務会談について、北朝鮮が5日に延期するよう提案してきたと明らかにした。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領(左)と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日、板門店で首脳会談を行う(コラージュ)=(聯合ニュース)

 統一部によると北朝鮮はこの日、韓国側に通知文を送り、南北実務会談を5日に南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で行い、通信に関する実務会談を7日に板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開くよう提案した。

 同部当局者によると北朝鮮は延期の理由を説明していない。

 韓国側はこの日、4日に予定されていた実務会談の代表団名簿を北朝鮮に通知した。代表団は7人で、青瓦台(大統領府)の趙漢起(チョ・ハンギ)儀典秘書官が首席代表を務める。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。