Go to Contents Go to Navigation

22年に日本抜き世界4位の輸出国に 韓国政府が新通商戦略

記事一覧 2018.04.05 15:48

【世宗聯合ニュース】韓国産業通商資源部の通商交渉本部は5日、輸出先の多角化などを通じて2022年に日本を抑え世界4位の輸出国に浮上するという目標を盛り込んだ「新通商戦略」をまとめていると明らかにした。

3月26日、米国側と大筋合意した韓米FTAの改定内容を伝える金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長=(聯合ニュース)

 韓国の2017年の輸出額は5737億ドル(約61兆3000億円)で日本の6981億ドルを下回り、世界6位だった。22年に7900億ドル水準まで引き上げることを目標に、米国と中国に対する輸出依存度(17年基準で36.7%)を下げるとともに、新興市場に輸出先を広げる新北方・新南方政策を推進する。

 米国に関しては、改定した韓米自由貿易協定(FTA)を基盤に両国の相互投資と雇用拡大を支援し、エネルギーや第4次産業革命の分野で未来志向の協力促進を模索する。中国とは韓中FTAのサービス・投資分野の追加交渉で韓国のサービス業界や専門人材の中国進出基盤を整え、都市間FTAなど高いレベルの地域経済統合で信頼を築く。

 また、新北方政策の一環としてロシア主導のユーラシア経済連合とFTAを結び、貿易拡大と人材進出の足場を築くとともに、北極海航路開拓の機会として活用する方針だ。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)やインドなど南方の国々に対しては、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉妥結とすでに締結したFTAの改善を通じ、競合国よりも有利な輸出環境をつくる。

 米国を除く日本など環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国が先ごろ署名した新協定、いわゆるTPP11への参加も前向きに検討する。参加を決めれば下半期に国内の手続きを進める方針だ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。