Go to Contents Go to Navigation

F15K戦闘機墜落 操縦士2人の死亡確認=韓国空軍

記事一覧 2018.04.06 11:44

【ソウル聯合ニュース】韓国空軍は6日、F15K戦闘機が前日午後に墜落した事故で、乗っていた操縦士2人の死亡が確認されたと伝えた。この日午前に事故機の残骸の捜索を再開したという。

墜落したF15K=(聯合ニュース)

 同機は5日午後1時半ごろ大邱基地を離陸し、訓練を終えて帰還中、午後2時38分ごろ南東部の慶尚北道漆谷郡にある遊鶴山に墜落した。霧などのため視界が悪く、戻る際には操縦席の計器などに頼って飛行していたという。

 F15Kは韓国空軍の主力戦闘機で、2005年に戦力化。現在、約60機が運用されている。

 事故機は08年7月に導入され、2158時間の飛行記録があった。殉職した2人の操縦士はそれぞれ約890時間、約280時間の飛行実績があった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。