Go to Contents Go to Navigation

世界韓人貿易協会の代表者大会 済州島で開幕=72カ国から800人参加

記事一覧 2018.04.06 19:07

【済州聯合ニュース】韓国の若者の雇用創出と有望な中小企業の海外進出を支援する「第20回世界代表者大会および輸出商談会」が6日午後、南部・済州島で開幕した。世界最大規模の在外韓国人経済団体、世界韓人貿易協会(World-OKTA)と国家基幹ニュース通信社・聯合ニュース、済州特別自治道が共催し、8日までの3日間開かれる今大会には、世界72カ国・地域に143の支会を持つWorld-OKTAの会員約800人が参加する。

開会式の様子=(聯合ニュース)

 開会式にはWorld-OKTAのパク・ビョンチョル理事長をはじめ、金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官や国会議員、経済界関係者、各国の支会長らが出席。朴己出(パク・ギチュル)World-OKTA会長、趙成富(チョ・ソンブ)聯合ニュース社長、元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州道知事があいさつした。

 今回の大会では、海外就職相談会、済州道の優秀企業輸出相談会、団体間の交流協力MOU(了解覚書)締結式、歌手のインスニさんによる特別講義、済州道の投資誘致説明会、韓国政府の通商政策説明会、聯合ニュース社長主催の夕食会などが行われる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。