Go to Contents Go to Navigation

先月ソウルの空かすませたPM2.5 ほとんどが中国発?

記事一覧 2018.04.09 15:43

【ソウル聯合ニュース】韓国環境部・国立環境科学院とソウル市保健環境研究院は9日、先月22~27日に微小粒子状物質「PM2.5」が高濃度になった原因を地上と衛星での観測データや大気質モデリングなどで総合的に分析した結果、中国など海外からの影響が最大69%だったと発表した。

粒子状物質で白くかすむソウル市内(資料写真)=(聯合ニュース)

 この期間中の同26、27日に首都圏では公共交通機関の料金を免除するなど、粒子状物質の非常低減措置が実施された。

 国立環境科学院は、今年1月15~18日に発生した高濃度のPM2.5は韓国内の大気停滞による要因が大きかったが、先月のPM2.5は韓国と海外の要因が複合的に作用して発生したと明らかにした。

 分析結果によると、中国など海外の影響は前半(3月22~24日)の58~69%から後半(同25~27日)には32~51%と多少低下した。海外の影響は22日の59%から23日に69%とピークに達した後、低下した。

 PM2.5の1日当たりの平均濃度が最高値を示した25日は国内の影響は49%、海外の影響が51%とほぼ半々だったが、午前は海外の影響が51~70%と多く、午後は国内の影響(59~82%)が多かった。

 国立環境科学院は3月22日と24日には海外からの流入量が多く、25日から26日午前の間に韓国で粒子状物質の2次生成が盛んになり濃度が高くなったと分析した。粒子状物質の2次生成とは、大気中にガス状態で排出された硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)などが物理・化学反応によって粒子状物質(硫酸塩、硝酸塩)に変化する現象を指す。

 同院は、当時は大気が停滞して湿度も高く、粒子状物質の2次生成が活発化する条件が整ったことにより、小さな粒子が大きくなって濃度が急激に上昇したと説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。