Go to Contents Go to Navigation

[韓流]TWICE新曲がチャート1位 デビューから8作連続

記事一覧 2018.04.10 09:43

【ソウル聯合ニュース】人気ガールズグループ、TWICE(トゥワイス)の5枚目のミニアルバム「What is Love?」の同名タイトル曲が10日、メロン、ネイバーミュージックなど韓国の五つの音楽配信サイトでチャート1位を記録した。

新曲のイメージビジュアル(JYPエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)

 2015年に「Like OOH-AHH」でデビューしたTWICEは、「CHEER UP」「TT」「KNOCK KNOCK」「SIGNAL」などに続いて今回の新曲まで、リリースした全8曲が1位に輝いた。

 「What is Love?」は所属事務所、JYPエンターテインメントの代表でプロデューサーのパク・チニョンが作詞・作曲した曲で、ミュージックビデオではメンバーが「ラ・ブーム」「レオン」など有名映画のパロディーを演じた。

 CD市場の反応も上々だ。今回のミニアルバムの予約注文数は35万枚に上り、昨年10月のファーストフルアルバム「Twicetagram」で記録した33万枚を上回った。

アルバム発売記念ショーケースで新曲を披露するTWICE=9日、ソウル(聯合ニュース)

 TWICEはニューアルバムの発売を記念し、5月18~20日にソウル・蚕室室内体育館で2回目の単独コンサート「TWICELAND ZONE2:Fantasy Park」を開く。

 日本でも同26~27日にさいたまスーパーアリーナ、6月2~3日に大阪城ホールで計4公演を開催するほか、シンガポールなどを回る海外ツアーを行う。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。