Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 南北関係の発展方向や米朝対話の展望分析=北朝鮮

記事一覧 2018.04.10 10:50

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が9日の党中央委員会政治局会議で「最近の朝鮮半島情勢の発展に対する報告を行った」と伝えた。

朝鮮労働党中央委員会政治局会議の様子。中央奥が金正恩氏=10日、ソウル(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 金委員長は軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で27日に南北首脳会談が開催されることに言及し、南北関係の発展方向や米朝対話の展望を詳細に分析、評価した。その上で、「今後の国際関係の対応方針や党が堅持すべき戦略・戦術的問題」を提示したという。同通信はただ、対応方針や戦略・戦術的問題に関する具体的な発言内容は伝えていない。北朝鮮メディアが南北首脳会談の開催日、開催場所を報じたのは初めてとなる。

 朝鮮労働党の政治局は北朝鮮の最高政策決定機関。今回の政治局会議は、最高人民会議(国会に相当)の第13期第6回会議が11日に開催されるのを前に、議題などを討議し、決定するために開かれたようだ。

 北朝鮮メディアが配信した会議の写真を見ると、金委員長をはじめ金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相、李明秀(リ・ミョンス)朝鮮人民軍総参謀長ら11人が円卓を囲んだ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。