Go to Contents Go to Navigation

河野外相きょう訪韓 11日に康長官と北朝鮮問題など議論へ

記事一覧 2018.04.10 16:04

【ソウル聯合ニュース】河野太郎外相が10日、日本の外相としては約2年4カ月ぶりに韓国を訪問する。

3月17日、米ワシントンで会談を行う康長官(左)と河野外相(外交部提供)=(聯合ニュース)

 韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は同日の定例会見で、河野外相が10日に来韓し、11日午前、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と会談するとして、「韓日関係や北の核問題を中心に相互の関心事について意見交換する」と述べた。

 また、河野外相がソウルにある国立墓地「国立ソウル顕忠院」を参拝するかどうかの質問に「わが政府と国民への礼譲の観点から計画していると承知している」として、「町村信孝外相(当時)が2004年に参拝するなど、数回の前例がある」と明らかにした。

 顕忠院には朝鮮戦争の戦死者や歴代大統領らが眠る。日本による植民地時代の独立運動家の墓地もある。06年には安倍晋三首相も参拝した。

 河野外相は韓国滞在中、情報機関・国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長とも会談するとされる。南北首脳会談の推進状況などについて説明を受ける見通しだ。

 日本の外相の訪韓は2015年12月、岸田文雄氏以来となる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。