Go to Contents Go to Navigation

韓国と米国 米朝首脳会談巡りホットライン構築=連携強化へ

記事一覧 2018.04.11 09:39

【ワシントン聯合ニュース】韓国と米国が南北・米朝首脳会談などに向けて連携を強めるため、在米韓国大使館と米国務省間のホットラインを構築し、協議を定例化することで合意したことが10日、分かった。韓国政府の高官が記者団に明らかにした。

(左から)金正恩(キム・ジョンウン)氏、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、トランプ大統領(コラージュ)=(聯合ニュース)

(左から)金正恩(キム・ジョンウン)氏、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、トランプ大統領(コラージュ)=(聯合ニュース)

 同高官はホットライン構築について「南北・米朝首脳会談を成功させるため、韓米間の緊密な協議が重要だ」として、「大使館と米国務省が懸案に対する意見や情報を交換していくことにした」と述べた。

 ホットラインは韓国の趙潤済(チョ・ユンジェ)駐米大使がソーントン国務次官補と会談した際に提案し、実現した。

 在米韓国大使館は首脳会談の準備などに関連し、ホワイトハウスとも協議を行っているという。

 同高官は首脳会談の見通しについて、「ある程度希望的な考えを持っている」として、「会談に臨む人たちが過去の失敗を繰り返してはならないとの思いが強く、成功できなければ払うべき費用があまりにも多いということを良く知っている」と説明。「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長も過去より明確な非核化の意向を直接、間接的に表明し、経済発展問題に相当重要な価値を置いている」として、会談成功の可能性は高いとの見通しを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。