Go to Contents Go to Navigation

収賄罪などの朴前大統領 懲役24年に検察側控訴

記事一覧 2018.04.11 12:04

【ソウル聯合ニュース】大企業からの収賄罪などに問われた韓国前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告(66)について、ソウル中央地検は11日、懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)とした6日のソウル中央地裁の判決を不服として控訴した。検察は懲役30年、罰金1185億ウォンを求刑していた。

ソウル中央地裁は6日の判決公判で朴被告(右)に懲役24年、罰金180億ウォンを言い渡した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 検察は朴被告を18の罪で起訴したが、地裁はうち16の罪を有罪と認定、二つは無罪とし、量刑を決めた。検察はこれを不当とした。

 一方、朴被告の国選弁護人は判決公判の閉廷後に控訴の意向を示していたが、まだ控訴状を提出していない。控訴期限は13日。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。