Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮問題の解決へ「共に努力したい」 河野氏との会談で韓国外相

記事一覧 2018.04.11 12:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は11日、ソウルで日本の河野太郎外相と会談した。冒頭発言で、北朝鮮の非核化達成において重要な転機となる南北、米朝首脳会談の開催が推進されているとし、「北の問題の平和的な解決と朝鮮半島の平和構築という両国共同の目標に向け、(河野)大臣と共に努力していけるよう希望する」と述べた。

握手を交わす康長官(右)と河野外相=11日、ソウル(聯合ニュース)

 河野氏も冒頭で「北朝鮮の非核化を実現し、北東アジアの平和と安全、繁栄をもたらせるよう、両国で緊密に連携したい」と述べた。また、1998年に金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相(いずれも当時)が発表した「韓日共同宣言」から今年で20年になることに触れ、「両国関係を未来志向で進める年になるよう努力する」とも語った。

 康氏と河野氏は会談で、韓日関係や北朝鮮核問題を中心に相互の関心事について意見交換したとされる。特に、先の南北閣僚級会談の開催など南北関係の進展状況を共有し、北朝鮮核問題の解決策を話し合ったとみられる。河野氏が、27日に開かれる南北首脳会談で日本人拉致問題を取り上げるよう韓国側に要請した可能性もある。

 河野氏の来韓は昨年8月の外相就任後で初めて。この日午後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との面会などを予定している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。