Go to Contents Go to Navigation

済州島で熱気球墜落 1人死亡・12人負傷=韓国

記事一覧 2018.04.12 11:59

【済州聯合ニュース】12日午前8時10分ごろ、韓国南部の済州島で、西帰浦市の上空を飛行していた熱気球が墜落した。この事故で搭乗していた13人のうち1人が搬送先の病院で亡くなった。残り12人も負傷し、済州市と西帰浦市内の病院に運ばれた。

事故を起こした熱気球(提供写真)=(聯合ニュース)

 消防当局は現場近くで山菜取りをしていた人から熱気球が墜落したと通報を受け、現場に急行し救助活動にあたったという。

 この熱気球は同日早朝、操縦士と12人の観光客を乗せて離陸し、着陸予定地に向かっていた際に木に衝突して墜落したとされる。亡くなったのは50代の操縦士。消防当局と検察は熱気球の運営業者側と搭乗客から話を聞くなど、詳しい事故原因を調べている。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。