Go to Contents Go to Navigation

鉱工業生産や消費が増加 景気回復の流れ続く=韓国政府報告書

記事一覧 2018.04.13 11:07

【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部は13日発表した経済動向報告書(グリーンブック)4月号で、最近の韓国経済について、輸出の好調などを追い風に鉱工業生産、消費、設備投資の増加傾向が持続し、景気回復の流れが続いているとの判断を示した。

半導体などの好調で輸出は増加を続けている(コラージュ)=(聯合ニュース)

 2月の全産業の生産は前月と同水準だったが、鉱工業生産は自動車や半導体を中心に前月比1.1%増加し、2カ月連続のプラスとなった。また、消費を意味する小売販売は2月に前月比1.0%増加した。

 2月の設備投資は運送装備への投資増などで前月比1.3%増加し、4カ月連続のプラス。一方、建設投資は3.8%減とマイナスに転じた。

 3月の輸出額は世界経済の改善と半導体など主力品目の好調で前年同月比6.1%増加。17カ月連続で伸びた。

 景気回復の流れは続いているが、雇用状況は低迷している。3月の就業者増加数は前年同月比11万2000人と2カ月連続で10万人台にとどまった。失業率は前年同月比0.4ポイント悪化の4.5%。特に、若年層(15~29歳)の失業率は11.6%で0.3ポイント悪化した。

 政府は、今後も世界経済の改善などに支えられ経済の回復基調が続くと見込む一方、厳しい雇用状況、通商懸案、米国の利上げなど、依然として内外にリスク要因が存在すると指摘。これらのリスク管理を強化するとともに、雇用や生活状況の改善で国民が景気回復を実感できるよう経済政策に取り組む方針を示した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。