Go to Contents Go to Navigation

[韓流]映画「ペパーミント・キャンディー」 再上映へ

記事一覧 2018.04.16 13:58

【ソウル聯合ニュース】韓国のイ・チャンドン監督の映画「ペパーミント・キャンディー」(1999年)が、26日からリバイバル上映される。シネマコンプレックス(複合型映画館)大手CJ CGVのインディーズ映画・芸術映画専門館、CGVアートハウスが16日、韓国映画史を輝かせた作品をデジタル修復版で再上映するプロジェクトの一つとして、同作品を4Kデジタル修復版で再上映すると伝えた。

「ペパーミント・キャンディー」4Kデジタル修復版のポスター(CGVアートハウス提供)=(聯合ニュース)

 「ペパーミント・キャンディー」は、40歳の男(ソル・ギョング)の歳月を、節目となった七つの時空にさかのぼっていく構成となっている。1980年に光州で起きた民主化運動により、男はその後20年、トラウマを抱え続けている。歴史の痛みが一人の人間の人生をどう変えたを描いた。共演は女優ムン・ソリ。

 第4回釜山国際映画祭で韓国映画として初めてオープニングを飾り、カンヌ国際映画祭の監督週間部門に招かれるなど、主要な映画祭で作品性を高く評価された。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。