Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 セウォル号犠牲者追悼式に出席「真実糾明する」 

記事一覧 2018.04.16 18:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は16日、2014年4月に南西部の珍島沖で起きた旅客船セウォル号沈没事故から丸4年を迎えたことを受け京畿道・安山の政府合同焼香所で開かれた犠牲者追悼式で、「文在寅(ムン・ジェイン)政権はセウォル号を常に記憶し、事故の真実を完全に糾明し、その教訓を深く刻んで安全な大韓民国を作るために渾身の努力を傾ける」と話した。

追悼式で式辞を述べる李洛淵首相=16日、安山(聯合ニュース)

 李首相は「初めて政府が主管して告別式と追悼式をともに行い、4年にわたり国民が悲しみを分かち合った合同焼香所を(きょう)閉じる。きょうは新しいスタートのために、再びつらい別れをする日」とし、この日の追悼式が特別な意味を持つことを強調した。

 李首相はまた「安全な大韓民国を必ず建設する」とし、「セウォル号の犠牲者たちを私たち皆の胸に納め、その日を記憶し、家族をはじめとするわれわれの社会の傷を治癒し、安全な国を作るための長い道のりを新たな覚悟で進み始めよう」と呼びかけた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。