Go to Contents Go to Navigation

韓国元情報機関トップ「懲役4年確定」 最高裁が政治介入認定

記事一覧 2018.04.19 14:51

【ソウル聯合ニュース】2012年の韓国大統領選挙に情報機関の国家情報院が介入したとされる事件の再上告審で、大法院(最高裁)は19日、政治介入を禁じた国情院法に違反した罪と公職選挙法違反の罪に問われた当時の院長、元世勲(ウォン・セフン)被告について、高裁の差し戻し審判決を支持し、懲役4年の実刑を言い渡した。

元国情院トップの元世勲被告=(聯合ニュース)

 最高裁は「国情院サイバーチームの活動は公務員の地位を利用した選挙運動」と指摘。元被告が違法に政治介入したことや選挙運動を指示したことなどを認めた。

 同被告は国情院の院長だった12年にインターネット上で最大野党・民主統合党(現・共に民主党)の大統領選候補だった現大統領の文在寅(ムン・ジェイン)氏を中傷する書き込みをするよう職員に指示し、選挙に介入したとして13年6月に起訴された。一審は国情院法違反のみを有罪とみなし、懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を言い渡した。二審は国情院法違反に加え公職選挙法違反の罪も認め、懲役3年の実刑判決を言い渡した。最高裁は15年7月、選挙法違反の根拠とされた証拠の証拠能力は認め難いとし、二審判決を破棄し、審理をソウル高裁に差し戻したが、17年8月に高裁は懲役4年の実刑判決を言い渡し、元被告が上告していた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。