Go to Contents Go to Navigation

ロッテワールドタワーが米建築賞受賞 環境に配慮したシステム高評価

記事一覧 2018.04.20 20:49

【ソウル聯合ニュース】韓国ロッテ物産は20日、ソウル・蚕室の韓国最高層ビル「ロッテワールドタワー」が、米国エンジニアリング企業協会(ACEC)が主催する「ナショナル・エンジニアリング・エクセレンス・アワード」で本賞(グランド・アワード)を受賞したと明らかにした。

ロッテワールドタワー(ロッテ物産提供)=(聯合ニュース)

 この賞は米全土の州単位で行われるコンペを経て選ばれた155のプロジェクトのうち、最も完成度の高い16の建設エンジニアリングプロジェクトに与えられる。ロッテワールドタワーは米企業が機械設備の設計を担当した。

 タワーは地熱冷暖房システム、高断熱ガラス、太陽光集熱板、風力発電、太陽光発電などにより、総エネルギー使用量の18%を自ら生産する。昨年1年間の電力生産量はソウル市の約8000世帯が1年間使用可能なレベルだ。

 また、建築物モニタリングシステムにより建物の安全性に問題がないか常時チェックし、スマートインテリジェントビルディング技術を基盤としてタワー内の温度、照明、通信などを自動制御する。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。