Go to Contents Go to Navigation

南北首脳会談に大きな関心 板門店ツアーに内外メディア76社参加

記事一覧 2018.04.20 16:02

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は18日、27日の南北首脳会談の舞台となる軍事境界線がある板門店を国内外のメディアに公開するプレスツアーを行い、14カ国・地域の報道機関76社の記者が参加し関心の高さをうかがわせた。南北首脳会談準備委員会が20日、伝えた。

板門店を見て回る記者ら=(聯合ニュース)

 記者らは改装工事が進む会談会場「平和の家」の外部や近くの「自由の家」の内部など板門店の韓国側を見学。南北は会談の主要日程を生中継することで合意しており、米CNNや日本のNHK、中国国営中央テレビなど海外テレビ局の記者らは、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が初対面して握手を交わすと予想される軍事境界線付近で中継のリハーサルも行った。

首脳会談の会場となる韓国側施設「平和の家」=(聯合ニュース)

 準備委によると、国内外メディアの2833人が南北首脳会談の取材登録を行った。登録者数は2007年の会談時の2倍以上で、海外からは34カ国・地域の180社、858人が登録した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。