Go to Contents Go to Navigation

南北首脳の初通話 会談後の可能性も=韓国大統領府

記事一覧 2018.04.24 09:02

【ソウル聯合ニュース】南北の首脳間に開通したホットライン(直通電話)を使った文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長による最初の通話について、韓国青瓦台(大統領府)の高官は24日、「(27日開催の南北)首脳会談の前になるか、後になるか(決まっていない)」と記者団に述べた。ホットラインの設置は文大統領の特使団が先月平壌を訪問した際に合意し、両首脳が首脳会談前に最初の通話をすることになっていたが、会談後に通話する可能性も出てきた。

南北首脳会談のホットラインは20日に開通し、テスト通話が実施された(資料写真、青瓦台提供)=(聯合ニュース)

 この高官は両首脳の最初の通話について「(首脳会談開催日の)27日より前にするならば象徴的だが、強いて象徴的なことをする必要があるだろうかということ」とし、会談前に通話する必要性について南北で協議中と説明した。

 また、会談準備のための閣僚級会談がもう1回開かれると予想されていたが、青瓦台高官は「全般的な会談準備は順調に進んでおり、高官級会談をするか、それとも(別の)調整を通じて協議するかは、もう少し様子を見なければならないだろう」と答えた。

 議題調整などのため検討されていた鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長や徐薫(ソ・フン)国家情報院長の訪朝に関しても「訪朝しない可能性が高くなった。議題や儀典、警護、報道などの調整が難航した場合に訪朝する必要があるのではないかと考えたが、円満に進んでおり、わざわざ行く必要がなさそうだ」と説明した。

 首脳会談後に発表する共同合意文の草案作成が終わったことを意味するかと問われると、「違う」と答えた。

 一方、金委員長は会談当日、軍事境界線を越えて会場である板門店の韓国側施設を訪れる。公式歓迎式などが行われることを巡り、金委員長を国賓として礼遇するとの見方もある。これに関し青瓦台高官は、一般的な国賓待遇とは異なるとしながらも、「わが政府は最善を尽くし、真心を込め、首脳会談を準備している」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。