Go to Contents Go to Navigation

日本総領事館前への徴用工像設置 「円満解決に向け努力中」=韓国外交部

記事一覧 2018.04.24 15:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の市民団体がメーデー(5月1日)に合わせ釜山の日本総領事館前に、日本による植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像の設置を計画していることについて、外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は24日の定例会見で、「関連官庁と緊密に協議し、この問題が円満に解決されるよう努力している」と述べた。

魯圭悳報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 魯報道官は「外交公館付近への造形物の設置は、外交公館の保護や関連する国際礼譲と慣行を考慮する必要があるというのが韓国政府の一貫した立場だ」と説明した。

 日本政府は先ごろ行われた韓日外相会談や局長級協議などの席で、労働者像の設置計画に関して懸念を表明していた。 

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。