Go to Contents Go to Navigation

南北の軍責任者4人が同席 緊張緩和巡り合意なるか=首脳会談

記事一覧 2018.04.26 15:09

【ソウル聯合ニュース】軍事境界線がある板門店で27日に開かれる南北首脳会談の公式随行員に韓国と北朝鮮の軍首脳が2人ずつ含まれたことで、南北が朝鮮半島の軍事的緊張緩和に向けた画期的な措置に合意するとの期待感が強まっている。

宋永武氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 会談の随行員には韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官と軍制服組トップの鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長、北朝鮮の朴永植(パク・ヨンシク)人民武力相(国防部長官に相当)と李明秀(リ・ミョンス)朝鮮人民軍総参謀長が含まれた。

 この4人がそろって会談に同席することから、軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)の非武装化に向けた措置が集中的に話し合われると韓国の軍関係者らは予想している。非武装地帯はその名とは違い実際は多くの武器が配備されており、同地帯で南北がそれぞれ運営する見張り所の撤収または間隔調整、見張り所からの重火器の撤去などが話し合われる可能性が高そうだ。

朴永植氏=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。