Go to Contents Go to Navigation

[南北首脳会談]金正恩氏率直? 北朝鮮の交通インフラ不備に言及

記事一覧 2018.04.27 14:35

【高陽聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で始まった北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との首脳会談に先立ち、南北間をつなぐ鉄道について「今後北と鉄道が連結されれば、南北がどちらも高速鉄道を利用できる」と述べた。

会談する文大統領(左列中央)と金委員長=27日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官が、午前の会談後に開いた会見で明らかにした。

 金委員長は会談前の歓談で「文大統領が(北朝鮮に)来られると心配なのは、われわれの交通に不備があり不便をおかけするのではないかという点だ」とし、「われわれも準備して、大統領が来られたら快適に案内できるようにしたい」と述べた。

 これに対し文大統領は、南北間の鉄道連結事業の可能性に触れた上で「金委員長の大きな勇断で、10年間途絶えた(南北関係の)脈をきょう再びつなげた」と述べた。

「朝鮮半島の春」再び
南北首脳が対面
共に軍事境界線を越える
金正恩委員長に栄誉礼
会談前の記念撮影
正恩氏 「新たな歴史、今から」
混み合う平壌冷麺店
会談は和やかな雰囲気

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。