Go to Contents Go to Navigation

北の非核化意思を多方面から確認 正恩氏の肉声も=韓国大統領府

記事一覧 2018.04.27 20:28

【板門店、高陽聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)関係者は27日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が署名した「板門店宣言」と関連し、「非核化」の意味に南北で差があるのではないかとの記者団の質問に対し、「(北朝鮮の)非核化の意思をさまざまなルートを通じて確認した」と明らかにした。

握手を交わす文大統領(右)と金委員長=27日、板門店(聯合ニュース)

 同関係者は「完全な非核化という表現を使ったことに注目してほしい」とし、「核のない朝鮮半島の実現への意思を確認したもの」と説明した。

 また朝鮮半島の完全な非核化について、金委員長が直接言及したことがあるか問われると、「(金委員長の)肉声があるが、それは別の機会に伝える」と明らかにした。その上で「北が考える『完全な非核化』の意味について、互いに共感したと考える」と強調した。

 経済交流などは非核化を前提としたものであるかについては、「経済的な部分を今すぐにするというものではない」と説明。米朝間の交渉後、非核化が進展する過程を見ながら進めるものであり、「南北間の課題が何かについて一致し、確認したと見なせば良い」と話した。

 また文大統領が秋に平壌を訪問するのは、北朝鮮の要請を韓国側が受け入れたものであるとし、「快く受け入れたものと承知している」と伝えた。日程は確定せず、時期だけを調整したという。

 板門店宣言の合意前に内容を米国と共有したかとの質問には、南北首脳会談前に鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長(閣僚級)が訪米したことに触れ、「そのときはまだ合意文ができあがった時期ではなかった」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。