Go to Contents Go to Navigation

板門店宣言 民団と総連が「歓迎」表明

記事一覧 2018.04.27 20:59

【東京聯合ニュース】在日本大韓民国民団(民団)と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は27日、南北首脳が会談し「板門店宣言」に署名したことについて、いずれも歓迎するコメントを出した。

 民団は談話文を発表し、「今回の南北首脳会談で南北関係の歴史的な改善と和解につながる終戦宣言に合意したことを歓迎する。北朝鮮が非核化し、民主化する大きな転換点となる」と期待を示した。

 朝鮮総連側も「共同宣言に接し、総連と在日同胞は大きな喜びと希望に沸いている。今回の首脳会談が朝鮮半島での分断と対決を終わらせ、新しい時代を開く出発点になることを確信している」との立場を発表した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。