Go to Contents Go to Navigation

韓米首脳が電話会談 米朝首脳会談の早期開催で一致

記事一覧 2018.04.29 09:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日に米国のトランプ大統領と電話で会談し、前日の南北首脳会談の結果を共有した。また、米朝首脳会談について、早期開催を目指すとともに会談の成功に向け緊密に協議を続けることで一致した。韓国青瓦台(大統領府)が29日、伝えた。

 文大統領は「南北首脳会談の成功が北米(米朝)首脳会談の成功の土台となる。南北首脳はトランプ大統領の大胆な決断が大きく寄与したという意見で一致した」と述べた。

 これに対しトランプ大統領は、南北首脳が「板門店宣言」で完全な非核化を通じた核のない朝鮮半島実現の目標を確認したことは、南北だけでなく世界にとってもうれしいニュースだったとしながら「文大統領からの電話はいつでも、最優先で出る」と応じた。

文大統領と金委員長 板門店で歴史的初対面(4月27日)
会談は和やかな雰囲気
軍事境界線はさんで握手
平和と繁栄を願って植樹
トランプ氏と電話会談

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。