Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏「5月中に核実験場閉鎖」 韓米の専門家ら招き公開

記事一覧 2018.04.29 11:57

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は27日の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領との首脳会談で、北朝鮮北部の核実験場を5月中に閉鎖すると表明した。公開の透明性を確保するため韓米の専門家やメディアを招く意向も示した。韓国青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官が29日の記者会見で明らかにした。

板門店宣言を発表し、握手する文大統領(右)と金委員長=27日、板門店(聯合ニュース)

板門店宣言を発表し、握手する文大統領(右)と金委員長=27日、板門店(聯合ニュース)

 金委員長は「来てみれば分かるが、従来の実験施設より大きい二つの坑道がさらにある。これは健在だ」と述べ、使用不能だから核実験場を閉鎖するのではないかとの国際社会の指摘に反論した。

 また、「米国が北に対し体質的に拒否感を持っているが、われわれと対話すれば私が南側や太平洋上に核を発射したり米国を狙ったりする人間ではないことが分かるだろう」と強調。「今後頻繁に会って米国と信頼を積み重ね、(朝鮮戦争の)終戦と不可侵を約束するなら、われわれがなぜ核を持って困難に生きるだろうか」と述べた。

 さらに「朝鮮戦争のつらい歴史を繰り返さない。韓民族の地で再び血が流れることがあってはならない」とした上で、「決して武力を使用しないことを明言する」と表明した。

 北朝鮮は20日の朝鮮労働党中央委員会総会で北東部・豊渓里の核実験場閉鎖と核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験中止を表明している。

 金委員長はそのほか、韓国より30分遅い北朝鮮の標準時を韓国の標準時に統一すると表明した。南北首脳会談が行われた板門店の韓国側施設「平和の家」で待機室に韓国時間と北朝鮮時間を示す二つの時計が並んで掛けられているのを見て「非常に胸が痛かった」と話したという。

videos 文大統領と金委員長 板門店で歴史的初対面(4月27日)
文大統領と金委員長 板門店で歴史的初対面(4月27日)

≪軍事境界線で握手交わす≫  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が27日、板門店の軍事境界線で歴史的な初対面を実現させた。  文大統領は軍事境界線で金委員長を迎え入れた。  南北首脳が軍事境界線で対面したのは初めて。北朝鮮の最高指導者の訪韓も初となる。 (2018年4月27日、聯合ニュース) (END)

金正恩委員長に栄誉礼
金正恩委員長に栄誉礼

南北首脳会談が開かれる27日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領(手前左)が軍事境界線のある板門店の韓国側で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(手前右)の歓迎式に臨んだ。韓国軍の儀仗(ぎじょう)隊が金委員長に、首脳外交での儀礼の一つである栄誉礼を行っている。北朝鮮の最高指導者が韓国軍の栄誉礼を受けるのは初めて=27日、板門店(聯合ニュース)
(END)

「板門店宣言」に署名
「板門店宣言」に署名

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は27日、首脳会談の合意内容を盛りこんだ「板門店宣言」に署名した。朝鮮半島の完全非核化などを目標に掲げた同宣言に署名した後、抱き合う両首脳=27日、ソウル(聯合ニュース)
(END)

会見する金委員長
会見する金委員長

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で首脳会談を行い、年内の朝鮮戦争の終戦宣言など13項目を盛り込んだ「板門店宣言」を採択した。会談終了後、記者会見する金委員長=27日、板門店(聯合ニュース)
(END)

南北首脳会談報じる北朝鮮紙
南北首脳会談報じる北朝鮮紙

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞が28日付1面で、27日に板門店で文在寅(ムン・ジェイン)大統領府と金正恩(キム・ジョンウン)委員長が行った南北首脳会談について大々的に報じた=28日、ソウル(労働新聞=聯合ニュース)
(END)

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。