Go to Contents Go to Navigation

安倍首相 北朝鮮との対話に深い関心=韓国高官が南北会談説明

記事一覧 2018.04.29 16:03

【東京、ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長は29日午前、東京の首相官邸で安倍晋三首相と会談し、27日の南北首脳会談について説明した。徐院長は南北会談に同席した。両氏は会談を高く評価し、北朝鮮の非核化を平和的な手段で解決すべきとの認識で一致した。

安倍首相(右)と会談する徐院長=29日、東京(聯合ニュース)

 安倍首相は冒頭、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の多大な努力により南北首脳会談が成功したとして祝意を表した。また、文大統領が安倍首相とこの日行った電話会談で、北朝鮮による日本人拉致問題や日朝関係に関する安倍氏の考えを金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に伝えたと説明したことに触れ、謝意を示した。その上で、北東アジアの平和のため韓日両国が協力していくことを期待した。

 また、北朝鮮の非核化の意思を評価し、今後の履行計画や展望、南北首脳会談の準備や具体的な推進計画、北朝鮮との対話の必要性、金委員長の対話のスタイルなどに深い関心を示した。

 これに対し徐氏は、南北首脳会談の成果が米朝首脳会談の成功、北朝鮮と周辺国との対話と関係改善につながり、ひいては朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着、北東アジアの平和と繁栄につながるよう日本政府と緊密に協力していくとの文大統領の意向を伝えた。また、韓米日の協力がいつにもまして重要だと強調した。

 会談は1時間半行われた。徐氏は会談後、記者団に対し、「金委員長が朝鮮半島の完全な非核化を約束しただけに、今後は国際社会が協力して非核化を実践段階に移すことが大きな宿題だとの認識で一致した」と説明。また、「安倍首相が北との対話に深い関心を表明した」と述べた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。