Go to Contents Go to Navigation

文大統領「私たち自身が労働の価値と尊厳」=メーデー迎え

記事一覧 2018.05.01 10:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、メーデーを迎えてメッセージを発表し、「労働の価値と尊厳は理念の問題ではない」として、「私たち自身と親、子供たちこそが労働者だ。労働の価値と尊厳はまさに私たち自身の価値と尊厳」と強調した。

文大統領(手前、資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「政府は労働尊重の社会に向けた努力を続いていく」と表明。労働の価値と尊厳性以上に大きな成長はないとして、「すべての成長は労働者のための成長でなければならない」と呼び掛けた。

 昨年のメーデーで「労働の尊重」を新政権の国政の根底に据えることを約束したと振り返り、最低賃金の引き上げや公共部門の非正規雇用の正規雇用転換などを通じ、労働の質の向上と格差縮小に取り組んでいるとした。さらに、「労働時間の上限を週52時間とする制度は労働者に休息のある暮らしをもたらすだろう」との見方を示した。

 文大統領は労使が同じ方向を向くならば政府が積極的に力を添えるとし、「労働が活気に満ち、きちんと待遇されてこそ、経済も持続的に成長していける」と繰り返した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。