Go to Contents Go to Navigation

米鉄鋼高関税 韓国の除外が確定

記事一覧 2018.05.01 11:44

【ワシントン、ソウル聯合ニュース】米政府が韓国から輸入する鉄鋼に対し高率の追加関税の免除を確定した。米国は通商拡大法232条に基づき、鉄鋼とアルミニウムの輸入を制限するため3月23日から鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課しているが、韓国を含む7カ国・地域については4月末まで猶予した。個別の交渉の結果、まず韓国の適用除外が決まった。

鉄鋼製品(資料写真)=(聯合ニュース)

 米ホワイトハウスは30日(米東部時間)の声明で、トランプ大統領が通商拡大法232条の修正案を承認したと発表した。韓国から輸入する鉄鋼に関し、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と韓国産業通商資源部の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長(次官級)が以前に発表した内容で最終合意に至ったとした。

 通商拡大法232条に基づく鉄鋼とアルミニウムの輸入制限が発動される前日の3月22日、米国は韓国など7カ国・地域への関税賦課を4月末まで猶予すると発表。韓国と米国の通商当局は韓国の鉄鋼の扱いを巡り交渉し、25%の関税を免除する代わりに、対米輸出量を2015~17年平均の7割に制限することで合意した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。