Go to Contents Go to Navigation

米国務省朝鮮部長が来韓 対北政策など議論

記事一覧 2018.05.01 15:30

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部当局者は1日、米国務省のランバート朝鮮部長(北朝鮮政策担当)が先月30日に来韓し、2日まで朝鮮半島情勢や韓米関係の懸案などについて韓国側関係者と意見交換すると明らかにした。

 ランバート氏は滞在中、韓国の外交当局者と面談し、先月27日に行われた南北首脳会談の結果や後続措置などについて協議する見通しだ。また今月下旬の開催が予想される米朝首脳会談の準備や対北朝鮮政策の調整も進められるものとみられる。  

 安全保障や貿易など、韓米同盟に関連する問題についても意見を交換するとみられる。

 トランプ大統領は先月30日(現地時間)、米朝首脳会談の開催地として韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店を候補として挙げており、同問題について具体的な議論を行うのかにも注目が集まる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。