Go to Contents Go to Navigation

米朝首脳会談の開催地 平壌は考慮・検討せず=ホワイトハウス

記事一覧 2018.05.02 10:17

【ワシントン聯合ニュース】米ホワイトハウスは1日(現地時間)、今月中の開催が予想されるトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)による首脳会談の開催地について、「平壌は考慮・検討していない」と明らかにした。聯合ニュースの書面での質問に答えた。

4月27日、南北首脳会談が開かれた板門店の「平和の家」=(聯合ニュース)

 米朝会談の開催地を巡っては、北朝鮮が依然として平壌開催を打診しており、南北首脳会談が開催された板門店と共に候補地として検討されているとの報道が出ている。

 韓国青瓦台(大統領府)は同日、記者団に対し、「4月28日に(電話会談した)文大統領とトランプ大統領の間で2~3カ所の候補地が挙がった時に、平壌はなかった」と伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。