Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の宣伝放送施設 「1~2日後に撤去完了」=韓国軍消息筋

記事一覧 2018.05.02 18:01

【ソウル聯合ニュース】韓国軍消息筋は2日、北朝鮮が拡声器を用いた韓国向け宣伝放送の施設の撤去作業を急ピッチで行っており、1~2日後には撤去が完了するとの見方を示した。

南北軍事境界線から近い烏頭山統一展望台(韓国・坡州市)から見た北朝鮮・黄海北道開豊郡の脱穀場。4月15日(上)には人共旗(北朝鮮国旗)が掲揚され、車両搭載型の移動式拡声器あったが、4月25日(中央)は人共旗が降ろされ、5月1日(下)には拡声器も撤去されていた=(聯合ニュース)

 韓国軍は南北首脳会談の合意を受けた措置として、1日午後から軍事境界線付近で北朝鮮向け宣伝放送のため使用していた拡声器の撤去を開始した。北朝鮮軍も同日午前から放送施設の撤去に取り掛かった。

 韓国軍は2016年1月、北朝鮮の4回目の核実験への対抗措置として宣伝放送を再開。北朝鮮もこれに対抗し宣伝放送を再開した。

 一方、韓国側の撤去作業について政府消息筋は「雨が降らなければ3~4日後に作業を終えることができるとみている」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。