Go to Contents Go to Navigation

南北将官級会談 韓国側代表に国防改革秘書官が内定

記事一覧 2018.05.03 09:16

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、今月中に開かれる南北将官級軍事会談の代表にキム・ドギュン青瓦台(大統領府)国防改革秘書官(小将)を内定したことが分かった。政府関係者が3日、明らかにした。

南北将官級軍事会談の代表に内定したキム・ドギュン国防改革秘書官(左、資料写真)=(聯合ニュース)

 キム秘書官は、中領(中佐)だった2011年2月に軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で開かれた南北軍事実務会談に代表団の一員として参加し、14年2月の南北高官級協議でも国防部北朝鮮政策課長として代表団に名前を連ねた。

 国防部の関係者は「政府の対北政策の方向をよく知っており、軍事会談の経験など専門性を考慮したものだ」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。