Go to Contents Go to Navigation

韓国富士通 POS技術活用し無人店舗事業推進

記事一覧 2018.05.03 17:26

【ソウル聯合ニュース】情報技術(IT)サービスを手がける韓国富士通が、店舗での決済ノウハウを基に、年内に無人店舗事業を推進することが分かった。同社の崔在日(チェ・ジェイル)社長が3日、ソウル市内の本社で開かれた記者懇談会で明らかにした。

崔社長(韓国富士通提供)=(聯合ニュース)

 韓国富士通のPOS(販売時点情報管理)端末は、現在5万店以上の店舗で使用されている。

 崔社長は「無人店舗の最大の課題は、誰でもどんな方法でも決済可能な『ユビキタス決済』だ」と説明。バイオ(生体認証)決済と画像認識ソリューション、自社の人工知能(AI)技術「Zinrai(ジンライ)」を基盤とするロボットを無人店舗に導入することを検討していると述べた。無人店舗導入の商談を行っている取引先や、具体的な出店時期については公開しなかった。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。