Go to Contents Go to Navigation

韓国国防部 南北軍事会談の準備本格化=TF設置

記事一覧 2018.05.04 10:23
南北首脳夫妻が乾杯
平和と繁栄を願って植樹
軍事境界線はさんで握手
会談は和やかな雰囲気

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部が南北首脳会談の「板門店宣言」の履行に向けたタスクフォース(TF)を設置し、南北軍事会談の準備のピッチを上げている。

板門店宣言には5月中に南北将官級軍事会談を開くとの内容が盛り込まれている(コラージュ)=(聯合ニュース)

 同部関係者は4日、TFについて「板門店宣言履行のための措置を準備する。外部の専門家が参加する諮問委員会からの助言も受ける計画だ」と説明した。

南北首脳 今週中にもホットライン通話(5月3日)

 今月中に開催される予定の南北将官級軍事会談をはじめ軍事当局者会談、国防相会談などの準備も本格化している。

文大統領と金委員長 板門店で歴史的初対面(4月27日)

 今後、軍事会談では▼南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)の平和地帯化▼黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)一帯の平和水域設定▼南北交流協力の軍事的保障――など板門店宣言に明示された南北間の軍事的緊張状態の緩和に関する議題が取り上げられる見通しだ。

 偶発的な軍事衝突の防止に向けた南北の軍首脳間のホットライン(直通電話)開設、黄海・東海地区のDMZの南北管理区域拡大、DMZの見張り所撤収と重火器撤去などについても、軍事会談で協議される可能性がある。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。