Go to Contents Go to Navigation

南北合同チーム 日本に敗れ銅メダル=世界卓球女子

記事一覧 2018.05.04 21:08

【ソウル聯合ニュース】卓球の世界選手権団体戦第6日は4日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、女子の準決勝で韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」が日本に0―3で敗れ、決勝進出を逃した。

韓国のチョン・ジヒ=(AFP=聯合ニュース)

 コリアは韓国のチョン・ジヒ、ヤン・ハウン、北朝鮮のキム・ソンイが出場した。

 卓球で南北が合同チームを結成したのは、1991年に千葉で開催された世界選手権以来27年ぶり。当時合同チームは女子団体決勝で中国を下し優勝した。今大会で「千葉の奇跡」の再現はならなかったものの、民族の団結を世界に見せた。

 今大会は3位決定戦がなく、コリアは銅メダルを獲得した。韓国が世界選手権団体戦で銅メダルを獲得したのは2012年のドイツ・ドルトムント大会以来、6年ぶり。北朝鮮は16年のマレーシア・クアラルンプール大会での銅メダルに続き、世界選手権団体戦で2大会連続のメダル獲得となった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。