Go to Contents Go to Navigation

伊丹潤氏の建築記念展示館 韓国・済州島に建設へ

記事一覧 2018.05.06 10:10

【済州聯合ニュース】著名建築家で在日コリアン2世の故伊丹潤氏(1937~2011)をたたえる建築文化記念展示館が韓国南部の済州島に建設される。

多くの施設が集まる予定の楮旨文化地区の予想図=(聯合ニュース)

 同島を行政区域とする済州道は6日、済州市翰京面の楮旨文化地区に誘致する施設の公募を実施し、11件を誘致対象として確定したことを明らかにした。この中に伊丹氏の記念展示館が含まれている。

 伊丹氏は2010年に建築界に感銘を与えた建築作品の設計者に与えられる村野藤吾賞を受賞するなど、高い評価を受けた。温陽美術館を手掛けるなど韓国の事業にもたびたび携わった。

 展示館は、ルーツの地・済州島を第2の故郷と思っていた伊丹氏の芸術資料館と同氏にインスピレーションを与えた韓国の古美術品を集めた美術館などからなるという。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。