Go to Contents Go to Navigation

孫正義氏と「アジアスーパーグリッド」など議論 韓国産業相

記事一覧 2018.05.08 16:15

【ソウル聯合ニュース】韓国の白雲揆(ペク・ウンギュ)産業通商資源部長官は8日、ソフトバンクグループ本社(東京都港区)で孫正義会長兼社長と会談し、再生可能エネルギーや「北東アジアスーパーグリッド」、第4次産業革命などについて意見交換した。同部が明らかにした。

握手を交わす白氏(右)と孫氏(同部提供)=8日、東京(聯合ニュース)

 北東アジアスーパーグリッドは大陸から離れている韓国と日本の電力網を中国とつなげ、中国やモンゴル、ロシアの豊富な再生可能エネルギーで生産された電力を供給してもらうという構想で、韓国政府は2022年までに一部の区間の着工を目指している。

 アジア中を送電網でつなげる「スーパーグリッド構想」を呼びかける孫氏は会談で北東アジアスーパーグリッドについて、技術・経済的な妥当性があると説明。ロシアやモンゴル、中国なども高い関心を持っているが、日本の場合は環境づくりに多少時間がかかるとの見通しを示した。

 白氏は再生可能エネルギーやエネルギー貯蔵システム(ESS)のコストや不安定性がモノのインターネット(IoT)など第4次産業革命技術により早期に解決することに期待感を示した上で、半導体や自動運転車など第4次産業革命分野での韓国の競争力を説明。ソフトバンクに投資拡大を要請した。

 これに対し、孫氏は昨年設立した運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が成功しているとして、韓国への投資に向け、韓国の政府系ファンドや年金基金などと協力することに前向きな考えを表明。また、人工知能(AI)を中心にした韓国の有望企業との協力に関心を示した。

 白氏は9日に東京で開催される韓日中首脳会談に合わせ、日本との産業・エネルギー・貿易などでの協力拡大を模索するため、7日に訪日した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。