Go to Contents Go to Navigation

6カ国協議の韓国代表が訪米 北の非核化議論へ

記事一覧 2018.05.09 14:49

【ソウル聯合ニュース】約1カ月半の間に中朝首脳会談が2度開催され、米国務長官が訪朝するなど朝鮮半島情勢が慌ただしく動く中、北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表・李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長が朝鮮半島の非核化や平和定着問題を議論するため、9日に訪米した。

李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長(資料写真)=(聯合ニュース)

 外交部によると、李氏は12日まで滞在し、ソーントン国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)やポッティンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長らと会談する予定だ。南北首脳会談の結果について意見交換し、会談で発表された「板門店宣言」の履行に向けた両国の連携策などについて協議する見通しだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。