Go to Contents Go to Navigation

韓国の卓球協会 来月の平壌オープンにエントリーへ

記事一覧 2018.05.10 11:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の卓球協会、大韓卓球協会のパク・チャンイク専務は10日、北朝鮮・平壌で来月行われる卓球のワールドツアー、平壌オープンにエントリーする計画を明らかにした。国際卓球連盟(ITTF)を通じて北朝鮮に平壌オープンの招請状を送るよう要請済みで、招請状を受け取れば、週内に韓国統一部と協議する。訪朝が承認された場合、平壌オープン初参加となる。

世界選手権団体で男女そろって銅メダルを獲得し、8日帰国した韓国代表(資料写真)=(聯合ニュース)

 平壌オープンは来月13~17日に開催される。エントリーの締め切りは今月14日。  

 韓国女子は今月初めにスウェーデンで行われた世界選手権団体で、準々決勝での北朝鮮との対決を前に南北合同チーム結成に合意。合同チームは準決勝で日本に敗れたものの、銅メダルを獲得した。卓球で南北が合同チームを結成したのは、1991年の千葉での世界選手権以来27年ぶり。

 パク氏は「世界選手権の会期中に北の卓球協会の朱正哲(チュ・ジョンチョル)書記長に平壌オープンへの参加意思を伝えたところ、朱書記長も『平壌で会おう』と肯定的に答えた」と伝えた。また、「ITTFワールドツアー参加を希望する加盟国は自由にオープン大会にエントリーできるが、南北関係の特殊な状況を踏まえ、平壌オープンはエントリーする前に政府当局と協議する」と説明した。

 大韓卓球協会はまた、8月にジャカルタで開催されるアジア大会に南北合同チームとして出場したい考えで、近く大韓体育会(韓国オリンピック委員会)に合同チーム結成案を提出する。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。