Go to Contents Go to Navigation

文大統領 就任1年で「身に余る愛受けた」

記事一覧 2018.05.10 16:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日で就任1年を迎えた。文大統領は自身のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に「最初のように、国民と共に行きます」との文章を掲載し、「この1年間、身に余る愛を受けた」と振り返り、「平和が日常になってほしい」と書き込んだ。

在日韓国大使館の職員と記念撮影を行う文大統領(中央)=9日、東京(聯合ニュース)

 文大統領は「休むことなく走ってきた1年だった」として、「任期を終えるころ、『多くのことが変わった。暮らしが良くなった』という言葉を聞きたい」との意欲を示した。

 また、「積弊(積み重なった弊害)を清算し、国らしい国をつくろうとした1年、歴史と正義を立て直し傷を癒やして和解しようとした1年、核と戦争の恐怖から抜け出し持続可能な平和をつくろうとした1年だった」と評価。「五輪とパラリンピックを成功させ、世界にわれわれの底力を見せようとした1年で、何よりも韓国の国民というプライドを与えようとした1年だった」と振り返った。

 「まだ行くべき道は遠い」とした上で、「でも確かに変わっており、正しい方向に向かっているという希望を抱くようになった1年であったことを心から願う」と強調。「国民が文在寅政権を発足させた事実を決して忘れない」とした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。