Go to Contents Go to Navigation

韓国外相 WFP事務局長と会談=対北人道支援事業の現況共有

記事一覧 2018.05.16 20:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は16日、ソウルの同部庁舎で国連世界食糧計画(WFP)のビーズリー事務局長と会談し、同氏の訪朝結果を共有するとともに、開発途上国を対象とする人道的な支援などについて意見交換した。外交部が伝えた。

康京和外交部長官(右)とWFPのビーズリー事務局長=16日、ソウル(聯合ニュース)

 外交部によると、ビーズリー氏は8~11日にかけて北朝鮮を訪問した結果やWFPの対北朝鮮人道支援事業の状況について説明。康長官は南北首脳会談の結果など南北関係の現況を伝えるとともに、北朝鮮におけるWFPの活動を評価した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。