Go to Contents Go to Navigation

どうなる核実験場の廃棄 北朝鮮は改めて「重大な措置」と強調

記事一覧 2018.05.20 09:46

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対外宣伝サイト「朝鮮のきょう」は20日、北東部の豊渓里にある核実験場の廃棄について、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言の精神に基づき、朝鮮半島非核化のため、わが共和国が主導的に推進する非常に意義ある重大な措置」と強調した。18日に核実験場の廃棄を取材する韓国記者団の名簿受け取りを拒否した中での主張で、廃棄の公開が予定通り行われるかどうか注目される。

韓国政府は18日、北朝鮮北東部の豊渓里にある核実験場の廃棄を取材する報道陣の名簿を伝えようとしたが、北朝鮮側が受け取りを拒否した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 北朝鮮の外務省は12日、「核実験場を廃棄する式典は5月23日から25日の間に気象条件を考慮して進める」と発表。韓国や米国、中国、ロシアなどの記者団に対する取材の便宜を図る計画も具体的に示していた。核実験場の廃棄は6月12日に予定される朝米(米朝)首脳会談に向け、非核化に向けた姿勢をアピールするものとみられていた。

 しかし、今月16日に予定されていた南北閣僚級会談への参加を中止すると通知したほか、朝米首脳会談についても、「一方的な核放棄を強要するなら、応じるかどうか再考せざるを得ない」と警告した。

 18日には韓国側が核実験場の廃棄を取材する韓国記者団の名簿を板門店の連絡ルートを通じ通知したが、北朝鮮側は受け取らなかった。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。